別館


写真絵日記


2007年 4月16日(月):眠るラッコ

居眠りするラッコ  昼前から雨で、孫のお供で池袋の サンシャイン国際水族館 に行きました。
 大昔、子供たちが小さいときに行ったきりです。それでもラッコのことはよく覚えています。今では根室半島や襟裳岬に野生のラッコがいるとされていますが、当時は珍獣でした。
 ぷかぷか浮かびながら昼寝をしています。貝を割るところを見たかった。

沖縄のサンゴ礁  沖縄のサンゴ礁の様子を見せる水槽です。入場料は1,800円で、大水槽がありません。都会のビルの屋上では仕方ないのかも知れませんが、古さは否めません。
 2004年10月28日(絵日記)に行った大阪の 海遊館 は大水槽にマンタが泳いでいて、やはり2,000円です。維持費がかかるのでしょうか。

2007年 4月15日(日):コサギのお出迎え

出迎えのコサギ  息子夫婦や孫とカワセミに会いに清瀬市に行きました。
 本館の野生動物の道外編に「柳瀬川にカワセミを追う」とまとめた舞台へ行きました。金山調節池へ入ると写真のようにコサギが木道の近くにいました。出迎えてくれたのか、縁起が好いと思ったのですが・・・
 なかなかそうは行かないのが現実です。

たくさんのカメラマンが  調節池の中央の島にカワセミが飛んで来ます。
 それを狙って多くのカメラマンが待っています。鳥や花の写真を並べて私設展覧会をしている人もいます。エゾフクロウやミヤマカケスの画像をここで見るのも変です。
 やっと飛んで来たカワセミもすぐ逃げ去りました。こんなにカメラマンがいてはなー、と言って大部分が帰って行きました。

サギコロニーのゴイサギ  埼玉県富士見市の難波田(なんばた)城跡が歴史公園として整備・復元されています。
 見学していると外から異様な多数の鳥の鳴き声が聞こえて来ました。行ってみると竹やぶがサギのコロニーになっていました。シラサギ(何サギ?)、アオサギ、ゴイサギがいました。近寄ると竹やぶの奥に入ってしまいます。これはゴイサギだと思います。

2007年 4月14日(土):いきなりの24℃

カワセミ  雪の降る函館から飛行機で来た東京は快晴で、今日の予想最高気温は24℃とのこと。
 相互リンクの松島さんが、カワセミ初心者向けと推薦の横浜市の菊名池へ行きました。空港から京浜急行と東急東横線を乗り継いで、1時間弱でした。
 1時間半強粘って、メスばかり3回飛んで来ました。トリミングした写真です。

新宿御苑の桜  新宿御苑のサクラはソメイヨシノが終わって、八重桜や枝垂桜の時期になっていました。
 写真はコトヒラという白いサクラです。広い園内に人がたくさんいて、サクラの満開時の混雑が想像出来ました。約75種1500本のサクラがあり、1ヶ月以上楽しめるそうです。
 鳥ではソウシチョウを見ましたが撮り逃しました。

富士山遠望  家内の希望で、都庁の展望室へ初めて登ってみました。
 無料で23時まで開放しているとは、東京都は太っ腹です。北展望室の方がすいているようで、そちらに上がりましたが、夕方前なのに喫茶室のケーキやジェラートなどの商品は売り切れ続出でした。
 遠くに富士山が見えましたが、ぼやけています。

2007年 4月13日(金):いなかった

ユリカモメはいなかった  昼休みに昨日と同じ海岸に行きました。
 半ば予想していたように、ユリカモメはいませんでした。もう飛び去ったのだと思います。
 強風で時折砂が飛んで来ます。写真は皆オオセグロカモメで風の方向に頭を向けます。空を飛んでいるカモメはミャーミャー鳴いていましたから、大部分がウミネコと思いました。

2007年 4月12日(木):渚のユリカモメ

一っ鉄と函太郎  今日の仕事先に近い大森海岸の一っ鉄というラーメン屋さんに昼食に行きました。観光客にも有名な回転寿司、函太郎 の隣で、共に 吉仙グループ の店舗です。
 風が強くて寒かったので、温かいラーメンが食べたくて、醤油ラーメンの「あっさり」を頼みました。蕎麦やうどんと比べるとそれでも「こってり」です。

ユリカモメとオオセグロカモメの幼鳥  海からの函館山や湯の川温泉街を撮ろうと、食後海岸に下りてみました。
 オオセグロカモメ(写真の後は幼鳥)やウミネコの見慣れたカモメの中に小さい鳥がチョロチョロしています。近付くと4羽いた内の1羽が顔黒で、ユリカモメと気付きました。
 こちらでは上磯漁港で12月に見ましたが、函館市内では初見です。

ユリカモメ飛んだ  ユリカモメは本州では冬鳥ですが、北海道では旅鳥です。
 ただ通過して行くだけなので、滞在期間が短く、それ程見られません。雌雄同色で本には3月頃は冬羽、5月頃は夏羽と書いてあります。4月は混合という訳だと思います。顔の黒いのは夏羽です。
 写真は波を嫌って飛び上がったところです。

海岸のカモメ  この場所は正確には宇賀浦町です。オオセグロカモメとウミネコがいます。共に留鳥です。
 五稜郭公園のお堀や市内の川にいるのはウミネコが多いです。オオセグロカモメはウミネコより大きく、足がピンクです。ウミネコは足が竹色で、両者はくちばしの先の色と鳴き声が違います。くつろいでいるペアはウミネコです。

2007年 4月11日(水):地場ネタ

イカの耳  昼食に4月6日の絵日記で紹介した「ひゃくまるくん」へ行きました。全皿105円の回転寿司です。
 地元で人気があると書きましたが、地場の寿司ネタが豊富です。これはイカの耳で、コリコリしています。
 イカは函館の市の魚です。マイカ、ヤリイカ、先に紹介した豆ヤリイカの他にもイカゲソやこのイカの耳などがあります。

活ホッキ  ホッキ貝は北寄貝と書くように北の海の大きい二枚貝です。産地としては苫小牧が有名ですが、道南でも上磯(北斗市)でたくさん取れます。
 海が時化た翌朝、上磯海岸にはホッキ貝が打ち上げられます。水の中のものを拾うと密漁ですが、完全に砂に上がったのは拾っても良いそうで、バケツに半分拾った話を聞きましたが、真偽は保障外です。活ホッキ、ホッキ、ホッキの紐などがあります。

2007年 4月10日(火):函館山遠望

函館山遠望

 前線が北海道を通過していて、不安定な天候でした。一時的ですが雪も降りました。
 朝は七飯町での健診で7時出発なので、早起きがきついです。
 午後は市内の一角の有名なビルの5階での健診でした。函館を知っている人なら、この写真のアングルで何処から撮っているか判ります。市街地越しに函館山を遠望しています。右端に 函館どっく が見えます。大型クレーンは撤去が決まって、「はこだてドックゴライアスクレーンを守る会」の保存運動も起きています。

2007年 4月 9日(月):函館市電

MISUZU号  昼休みに五稜郭交差点で市電を撮りました。
 函館市電は湯の川から函館駅を経て、十字街で谷地頭行きと函館どっく行きに分かれます。函館市電については、本館の北海道の旅の「市電の光景」で紹介しました。
 ラッピングには地場物が多いです。これはMISUZU号で、美鈴コーヒー は函館が発祥です。

函館けいりん号  北海道に市営競輪は函館しかありません。この市電は2006年10月16日の絵日記 「競輪の市電」 の写真が、側面がよく判らないので再撮しました。
 中央競馬も開催されていて、その宣伝車両もあります2004年4月19日。パチンコ屋さんのもあります2005年11月22日。最新の2両連結の市電はまだ遭遇していません。

五稜郭タワー  午後、五稜郭タワーへ仕事で行きました。先ほどの2005年11月22日の絵日記には、新旧2本の五稜郭タワーが並んでいる写真があります。2006年春から新タワーがオープンし、旧タワーは取り壊されました。
 五稜郭タワー は絵日記で何回も取り上げていますので、お暇がありましたら、別館のトップページでサイト内検索をしてみて下さい。
 昨年は五稜郭公園の桜の開花がゴールデンウィーク過ぎだったので、行きませんでした。今日尋ねたら、今年の開花予想は4月25日とのことです。是非来て下さいと言われました。行って登りますよ。天気がよければ下北半島まで見えるそうです。

2007年 4月 8日(日):逃げないコクガン

尻尾を垂らすエゾリス  天気予報のような雨にならないので、10時半頃見晴公園に行きました。
 風も無く、14℃くらいあったのでしょうか温かくて、3匹のエゾリスが遊んでくれました。おかげで写真は何か食べているのが半分以上でした。
 このエゾリス、尻尾を垂らしています。エゾリスのページの「エゾリスの尻尾」をご覧下さい。

鹿部産ホタテステーキ  恵山方面に行ったので、昼食は 函館市の道の駅なとわ・えさん で取りました。食堂は前はシーフードレストランでしたが、昨年10月から地元のドライブインあん太郎の経営する食彩「なとわの里」になりました。恵山鴨や元祖がごめ昆布ラーメンが有名です。
 鹿部産ホタテステーキを食べました。これで1,000円です。

逃げないコクガン

 帰りは海岸線を通りました。こちらを地元では下海岸と言っています。もういないと思ったコクガンがまだ少し残っていました。
 天然記念物コクガンは函館沿岸が最大の越冬地です。本館の野生動物・野鳥編には何ページかありますが、警戒心が強く、すぐ逃げることを書きました。今日のコクガンは逃げません。私を全く気にしていないようです。大陸まで越冬に行ったコクガンが北へ帰るときにもこちらへ寄るそうですが、そんな世間慣れしたコクガンなのかも知れません。

遺愛女子高校のクロッカス  昨日、遺愛女子高校のクロッカスを撮りに行きました。絵日記にも使い、花情報にも出しましたが、曇った朝で花が開いていませんでした。
 戻った3時頃に、撮り直しに行きました。今度は花は十分開いていましたが、光線がちょっと夕日みたいでした。昨日と今日のを合わせて1ページにまとめる予定です。

2007年 4月 7日(土):ホワイトハウス

遺愛女子高校の旧宣教師館  初めて遺愛女子高校の国指定重要文化財、通称「ホワイトハウス」の旧宣教師館へ行きました。この建物周辺のクロッカスは有名です。
 2003年に映画「星に願いを」の函館ロケで、前庭のクロッカスを生かして撮影され、撮影用のクロッカスも追加されました。映画のヒットでこの花園が注目されました。
 開花時は守衛さんに頼めば入れて貰えます。曇っていて開いていませんが鮮やかでした。黄色いクロッカスはありません。白い丈の高い花はスノードロップです。

大沼公園の水芭蕉  まだ少し早いかなという気もしましたが、水芭蕉を求めて大沼公園まで行きました。
 今まで何度も取り上げている大沼国際セミナーハウスの木道の周辺に、小さい水芭蕉が咲き始めていますが、積雪で花苞が傷ついています。他のところも見ましたが、まだ1〜2週早すぎるという感じでした。

怒るエゾリス  午後見晴公園も覗いて見ました。
 朝のようにはエゾリスは出て来ません。茶室の傍の杉の木から、やっと1匹の見慣れたエゾリスが降りて来ました。私の手から2回クルミを取って食べましたが、せわしげに走り去りました。後で枝の上にいるのを見つけて撮っていたら、何やら怒っています。季節のせいだと思います。

温度計つき携帯ストラップ  その後川にも行って疲れ果てて帰ったら、HTB北海道テレビ放送の「おはよう天気HTB(おは天)」から写真の温度計つき携帯ストラップが届いていました。昨日のおは天で、4月2日に HTBの北海道花情報2007 に投稿したムラサキツツジの写真がリポートとして放送され、「本日のグッドリポート」に選ばれた記念品です。
 おは天ギャラリー の4月6日分に載っています。今日の2枚も低圧縮のものを投稿します。又選んで下さいね。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について