別館


写真絵日記


2007年 5月16日(水):ヤマセミの旗

ヤマセミの旗  北広島市と千歳市、恵庭市に健診に行きました。昼食は千歳市でとり、その近くにヤマセミの旗がひらめいていました。千歳市の交通安全旗で、ヤマセミは千歳市の市の鳥です。
 NHKのダーウィンが来た!で2007年1月に第38回「鳥が凍った? ヤマセミ・厳冬のダイビング」が放送されましたが、その舞台が千歳川です。
 ちなみに隣の恵庭市の市の鳥はカワセミです。前から知っていたのは、函館(ヤマガラ)、札幌(カッコウ)、旭川(キレンジャク)、苫小牧(ハクチョウ)、富良野(クマゲラ)、根室(白鳥)そして美唄(マガン)です。面白いですね。

2007年 5月15日(火):見込み外れ

見頃を迎えるサトザクラ  17時から札幌駅の近くで会議があり、ちょっと早目に出て、北海道庁旧赤れんが庁舎前庭を覗いてみました。
 オオヤマザクラは殆ど散って、サトザクラが見頃を迎えています。ホームページを作る前には「里桜」なんて言葉は知りませんでした。「山桜」に対応する語で、人の手を加えて改良したり、変異したサクラのことで、一重、八重は問いません。夕方なので光線状態が悪いです。

ヤマツツジの蕾  夕刻の道庁へ行ったのは、赤れんが庁舎正面のヤマツツジが少しは咲いたかと思ったからです。
 庭植えのものなどで、少し開いているのがあります。道庁の前庭は日照は良いと見込んだのですが、多分風が当たって温度が上がらないのだと思います。一輪も開花していませんでした。二、三輪咲いていたら HTBの北海道花情報2007 に投稿しようと思ったのですが・・・。

2007年 5月14日(月):若葉が綺麗

白が先  小雨の降りそうな天候でしたが、用事があって大通に行きました。16時半頃着いて、咲いているライラックを探しました。見込みどおり西5丁目に一本だけ咲きかけている木がありました。後の紫より白のライラックが先に開きます。花を訪ねて・短編版に「大通公園のライラック」がありますが、自信作なんですよ。
 今年の 弟49回さっぽろライラックまつり は5月23日(水)〜27日(日)です。間に合うかも・・

若葉  大通公園の西6丁目は中央に木立があります。ちょっと黄色がかった若葉が鮮やかです。余り赤や黄が目立つと「春もみじ」と言います。
 チューリップは列植えも花壇も赤ばかりです。私のほかに2人写真を撮っている方がいました。同じ色を揃えるのも良いですね。花は若葉の添え物ですが、低圧縮の画像を HTBの北海道花情報2007 に投稿します。

2007年 5月13日(日):6匹6色

リスパーク?  昨夜来の雨が止みません。夕方の特急で札幌へ戻るので、今日は写真は撮れそうもありません。
 昨日はエゾリスに6匹会って、夏毛への脱毛の程度がそれぞれ違うので、6匹6色だねと話し合いました。絵日記ではリスの写真は1枚しか使えなかったので、今日はその写真で絵日記を作ります。
 リスが多くいて、自分から寄って来ることがあるので、家内は「リスパーク」みたいと言います。この写真にも3匹写っています。左に散歩の犬が見えます。

殆ど夏毛  このリスはもう殆ど夏毛で、黒く艶があるように見えます。
 耳の総毛がまだちょっと残っていて、尻尾はフサフサですが、夏には尻尾もスカスカになります。
 夏毛のエゾリスは、印象としては尻尾は別として、大きいネズミみたいな感じです。
 若く(幼く)見えて可愛いですよ。

母リスはたくましい  授乳中の母リスと思われるエゾリスは2匹見ました。こちらはかなり脱毛が進んでいますね。
 自分で見つけたオニグルミを食べています。出産後でしょう、お腹の皮がが垂れています。おっぱいも大きいです。
 お母さんリスは、お腹が減ると見えて、黙々と餌を食べていることが多いです。

若いオス  若いオスリスだと思います。耳の総毛もまだたくさん残っています。体は脱毛が始まっていま。
 その年(の春)生まれの子リスは夏毛になっても、耳の総毛が抜けないことが知られていますが、子リスは小さくて、体型も幼いので判ります。
 これは若リスです。胸に手を当てるのは心配しているからという説もあります。(↓と同じリスです)

2007年 5月12日(土):木古内町へ

しなを作る?  7時半に見晴公園に行きました。カメラマンは花を撮っている方だけで、エゾリスは6匹見ました。
 2匹が授乳中と思われる母リスでしたので、1匹の後を付けようと思ったのですが、ちょっと油断している間に見失いました。手からは餌を取らないリスもいます。
 これは何となくしなを作っているようですね。

サラキ岬の4万本のチューリップ  木古内町 は函館から約40キロの距離で、北斗市と知内町に挟まれ、津軽海峡に面しています。背後は山です。家内に誘われて、同町の  薬師山の芝桜とサラキ岬のチューリップ(町HP)を見に行きました。
 サラキ岬は、江戸幕府の船として初めて太平洋を往復した咸臨丸の終焉の地です。オランダ製の同艦にちなんで年々植えるチューリップの数が増え、今年は約4万球になりました。今月中は毎週土日に物産フェアも開催され、20日には、チューリップフェア が開かれます。風が寒かったですが、地元の熱意が伝わる雰囲気でした。

薬師山のシバザクラ  木古内町の裏山にあたる薬師山のシバザクラは前に列車内から見たことがあります。
 HPなどの案内どおり中央公民館裏の駐車場に車を置いて歩きました。10分強で着きますが、その内5分近くは急な階段登りです。
 シバザクラは規模は小さいですが、良い色に咲いていました。眼下に木古内の町と津軽海峡が見えます。途中は桜並木や森林公園になっています。

ハシビロガモ  函館へ早く帰りましたので、いつもの川を覗きに行きました。たくさんいたコガモが大分減りました。
 目的のものは姿を見せませんでしたが、帰りにハシビロガモがカップルでいました。函館では初めて見ます。くちばしが幅広いのが特徴でオスの色はマガモより派手です。盛んに餌をとっていました。

2007年 5月11日(金):スーパー白鳥

スーパー白鳥到着  特急「スーパー白鳥」 はJR北海道所属の電車特急で、津軽海峡線を通って、函館と八戸を往復しています。
 2月に盛岡から函館へ帰るときは古い型の特急白鳥(元の「はつかり」です)でしたが、こちらは平成14年(2002年)12月1日に運行開始した新しい型です。その12月に走行中のスーパー白鳥を撮影に線路脇に何回か立ちました。寒かったです。今日はホームへ到着する際に撮りました。

グリーン車の座席  折り返してスーパー白鳥1号(八戸発10:15〜函館着13:14)になります。
 スーパー白鳥は函館駅でいつも見ていますが、乗ったのは初めてです。八戸市のHPに試乗記 があります(今日は8両編成でした)。全長約50kmの青函トンネルを走行するので、車内の走行音や振動の低下を配慮した車両で、グリーン車はブルーの革張りシートでパソコン用コンセントも用意されています(スーパー宗谷 と同じ?)。

戸切地陣屋跡の桜並木  函館へ着いてから、北斗市上磯の戸切地(へきりち)陣屋跡地のサクラを見に行きました。
 ここは松前藩が安政2年(1855年)に幕府に命じられて築いたもので、昭和40年3月に国の史跡に指定されました。
 800mの桜並木はソメイヨシノで100本あるようです。天気は好かったですが風が強くて写真は撮りづらい日でした。

陣屋跡地のサクラ  「松前藩戸切地陣屋跡」(< 渡島支庁HP:地図入りです)は丁寧な案内板がたくさんあって、好感が持てます。
 サクラは本数は多くは無いけれど、大きい古木が目立ちました。
 てんこ盛りのようなサクラです。ウィークディでも多くの人が見に来ていました。ここは道南ではちょっと知られたサクラの名所です。

2007年 5月10日(木):ウサギ注意

レンタカー  午後から八戸市で全衛連(全国労働衛生団体連合会)の東北・北海道地方協議会(9機関が出席)があり、時間の関係で朝、岩手県の花巻空港へ降りました。
 同行の総務部のT川君の考えで、写真のレンタカーを空港で借りました。昨年は札幌で会議でした。今回は議長もせねばなりません。

岩手山  今年2月に全衛連の別の会合で盛岡へ来ました。2月8日に見た盛岡駅前のキレンジャクの話が本館の野生動物の全国版にあります。
 2月9日の絵日記では 雪を被った岩手山 の写真を使いました。標高は2038メートルあり、東北自動車道からもよく見えました。写真は岩手山PAで撮ったものです。

クマ注意  昔何回か通ったことがあり、ウサギやタヌキやクマに注意の看板のことは覚えていました。
 本館の北海道の旅の「動物注意」は結構アクセス数の多いページですが、北海道の動物注意の警戒標識はエゾシカの図柄が標準です。東北はタヌキが多いですね。
 写真のツキノワグマは可愛く描かれています。

ウサギ注意  高速道路の標識は一般道と違うものが多いことを前記の動物注意のページに書きました。ウサギの図柄は北海道にはありません。ノウサギは北海道のユキウサギの近縁種で、こちらの山では多いようです。
 夕方まで会議で、その後懇親会もありましたので、絵日記のアップが遅くなりました。明日は特急スーパー白鳥で函館へ帰ります。

2007年 5月 9日(水):斑点ジュニア

やつれた斑点ちゃん  午前中円山公園に行きました。着いたのはいつものように7時半頃です。円山近辺の四季 の yaoya さんに電話して、言われた方に行くと斑点ちゃんが食事中でした。
 5匹の子リスを育児中といいますが、気のせいかやつれて、疲れているように見えます。なかなか巣に帰らないそうで、黙々と食べていました。

斑点ジュニア  斑点ジュニアは2匹だけ巣から出ていました。
 もうすっかり成長していて、近距離なら枝から枝へ跳び移っていました。木の葉や芽を食べているようです。
 2匹一画面の写真も一応撮れたのですが、発表できるような代物ではありません。画像掲示板や円山近辺の四季に3匹一緒の写真があります。

シマリスは孤独  あちこち歩き回って、エゾリスもシマリスもたくさん見ました。
 川沿いの下の道の始めの方にいたシマリスです。ここにはよくシマリスがいます。
 シマリスは縄張り意識が強いのか、自然の状態ではたいてい1匹でいます。山の中で孤独を楽しんでいるのかも知れません。

別の子リス  前から画像掲示板で見せて貰っていた、斑点ジュニアでない別の子リスにも会えました。
 地面で餌を探しているのを見失ったら、このように木の幹の裏から顔を見せました。こちらの子供の方が斑点ジュニアより大きいようです。
 先日は煎餅を食べていたそうで、剥きグルミやヒマワリの種はまだ食べられないようです。
 円山公園のチューリップの写真を HTBの北海道花情報2007 に投稿する予定です。

2007年 5月 8日(火):ローアングル

大通公園のチューリップ  午前中はサテライトで仕事で、早く終わったので大通公園を覗きました。
 風があって少し寒く、15℃はありません。黄色いチューリップが開いていて、赤色は閉じていました。
 昨年5月11日に北海道花情報へ 同じ場所のチューリップを投稿 して、気温が17℃で開くとN○Kの受け売りをしました。トウキビワゴンには氷の旗がひらめいています。
 カメラのフリーアングル液晶ファインダーを使った超ローアングルの写真を、HTBの北海道花情報2007 に投稿しました。

5月のonちゃん  今年はHTBのマスコットキャラクターのonちゃん卓上カレンダーを使っていて、毎月被り物を紹介しています。今月はナキウサギとドサンコ(道産馬)です。スケジュールは字が汚いので判らないと思います。
 10日(木)に八戸での会議に出て、翌日特急スーパー白鳥で函館へ帰ります。
 20日(日)に釧路へ移動して、23日(水)夜に札幌へ戻ります。明日が空白日で午前中は休暇にして貰いました。

2007年 5月 7日(月):誠の旗

誠の旗  4月9日に五稜郭タワーに仕事で行き、事務室に誠の旗が飾ってあるのを見て、クールだと思いました(格好良いと思っただけ)。
 5月4日にタワーの売店でこの旗を買いました。黒色がクールです(何が?)。家内は自分の部屋へ飾るように言うので、札幌の玄関に置きました。新撰組の生き方には議論がありますが、函館の貴重な観光資源です。

道庁のハクモクレン  午後、思いがけず仕事から外れましたので、JR札幌駅横のヨドバシカメラに買い物に行きました。
 少し明るくなったので、北海道庁旧赤れんが庁舎前庭(正式名)を覗きました。オオヤマザクラ(エゾヤマザクラ)が咲いているのではと思ったのですが、終りかけでした。
 これは花が大きく、上を向いて咲いている、ハクモクレンです。
 絵日記と違う写真を2枚、HTBの北海道花情報2007 に投稿します。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について