別館


写真絵日記


2007年 6月 5日(火):厚真の青空

片側4車線の道路  今日から3日間、午前中は苫小牧市内の自動車工場の健診で、午後は別のところへ行きます。
 昼休みは苫小牧市内東部の沼ノ端で取りました。苫東(苫小牧市東部開発地域)のおかげで、この方面には写真のような片側4車線(+駐車帯)のコンクリート舗装の道路があります。道内では他に見ません。

厚真町の青空  上の写真でも空に雲が見えますが、苫小牧は霧や曇りが多いです。
 午後隣町の厚真町の建設会社に行きましたが、苫小牧を離れると、とたんに青空になりました。こちらには昔一度来たことがあると思います。健診後は焼肉パーティをされるようです。
 苫小牧へ戻ると、やはり霧がかかったようになっていました。

2007年 6月 4日(月):綿毛

タンポポの綿毛  最近セイヨウタンポポの綿毛がとても綺麗です。
 あたり一面が白い綿毛になっていると、日の光を微妙に受けて、タンポポより綺麗かもと思うことがあります。
 今日は朝早く苫小牧へ移動しました。途中立ち寄った苫小牧の駐車場の脇に、綿毛が群生していました。これが全部育ったら凄いです。

アカツメクサ  午後は室蘭での仕事だったので、移動中昼食に寄った道央道の樽前サービスエリアでアカツメクサを今年初めて見つけました。初夏の花です。
 明治時代に牧草として輸入され、野生化したヨーロッパ原産のの帰化植物で、別名をレッドクローバといいます。ムラサキツメクサとも言うのは色からしてうなずけます。

白鳥大橋  室蘭の仕事終了後、明日からの仕事に備えて苫小牧に戻りました。一時間くらいの距離です。
 出発前に白鳥大橋のたもとの道の駅 みたら室蘭 で少し休憩しました。
 平成10年6月に開通した白鳥大橋は橋長1,380mの、東日本最大の吊り橋です。久しぶりに撮りました。広角レンズが欲しいです。

2007年 6月 3日(日):10駅制覇

枝をかじる  今年は道の駅スタンプラリーをしようと、5月3日、北桧山のスイセンを見に行って、道南の道の駅巡りをしました。
 今日は第2弾で、空知地方を回るため、8時半にレンタカーを借りました。他に2つ目的があって、エゾフクロウの子供と、滝川の菜の花畑を見ることでした。枝をかじっています。

エゾフクロウの子供  エゾフクロウの子供は高い枝の上の新緑の若葉の中にいて、なかなか全身を見せません。
 現地の方によるとヒナは一羽とのことで、親のところへも連れて行ってくれましたが、うとうとしていて、並んだ写真など期待できません。
 20人ほどのカメラマンがいましたが、お手上げの様子でした。

パンフォーカス  滝川市江部乙の菜の花畑は全道一の規模です。前に見たときの様子を、花を訪ねてに1ページまとめています。
 菜種油を取るのが目的で、毎年咲く畑が違いますので、道の駅や滝川市のHPで「2007菜の花MAP」を手に入れて周ると良いと思います。テレビニュースで今日が一番の見頃と言ったそうです。

前ピン  群生している花を撮るときには前景に近接した花の様子が判るように、全体で規模が判るように撮っています。上の写真は絞り込んでパンフォーカス(全体にピントを合わせる)にしていますが、下は前にピントを合わせ、遠くはぼかしています。
 19時半頃車を返しましたが、295キロ走って、10駅のスタンプを押しました(初め9駅と書きましたが10駅で、訂正します)。

2007年 6月 2日(土):初夏の香り

函館の家のスズラン  先日家内が函館の家の庭のスズランを持って来てくれました。初夏の香りが漂います。
 ドイツスズランです。初めは少なかったですが、少し木陰という環境が合ったのか、丈夫な植物で、どんどん増えました。スズラン狩りをさせてくれた農家の話では、花は取って、葉は残すのが良いそうです。

雪の消えた手稲山  今日は土曜ですが、例年のように西区にある私が産業医をしている会社の健診に行きました。市内の高速道路を大谷地から発寒まで使い、8時開始で、7時に出発です。胸部車1台、胃部車2台(午前中だけ)にバン1台の編成です。
 札幌北インターのところから見た手稲山の雪は殆ど消えていました。

2007年 6月 1日(金):夏の気配

青空  お昼に会社を出発して午後の健診会場に行きました。午前中はマンモグラフィーを読むために暗幕のようなカーテンをはった部屋にいましたので、気付かなかった外の青空です。
 建物は生活習慣病予防健診センターと言います。青空の写真はよく撮りますが、空だけ撮ったら青一色で、場所も判らないですね。

大通公園のフジの花  仕事は午後4時半に終わりました。街の中心部です。夜はすすきので医局の歓迎会があるので、時間つぶしに地下街へ行くことにしました。
 通り道の大通公園にあった藤棚です。まだ花は房の先までは咲いていませんが、薄紫の花が青空に映えて、夏の気配を感じました。
 最高気温は21℃だったようです。

2007年 5月31日(木):夏の写真

夏の写真  季節(3ヶ月)ごとにマンモグラフィーなどの婦人科の待合室に飾る写真を提供していることは、毎回絵日記で取り上げています。同じ人が受診するので、常に新しい写真にしています。
 という訳で、昨年6月から8月に撮った写真から7枚を選んで、昨夜A4サイズにプリントしました。写真は7枚で、シマリス3枚、エゾ子リス1枚、野鳥2枚(親子です)と奥尻島の写真です。何れも壁紙プレゼントの2006年分に入っていますので、気になったらご覧下さい。

2007年 5月30日(水):ゆずうどん

石狩街道のポプラ並木  午前中石狩市にある会社へ産業医訪問しました。健診結果の説明、事後措置の検討などが目的です。
 行きは石狩街道(国道231号線)を通りました。市街地を抜けた太平や篠路の地域には左手に創成川や約4kmにわたるポプラ並木が見られます。大きいポプラが多くて、北海道らしい光景だと思います。
 曇り空ですが暖かい日です。

サッポロさろらんどのパンジー  訪問が終わって、お昼までに少し時間があったので、サッポロさとらんど へ寄ってみました。
 季節に応じて上手に花を咲かせますので、よく訪問しています。本館の花のページの「札幌市内のラベンダー畑」や短編版にも登場します。
 この時期は水仙も終わって、夏の花はまだで、パンジーだけが咲いていました。三色スミレといいますが、今は何色あるのでしょう?子供さんたちが課外授業でしょうか、何組も来ていました。
 これと違う写真を、低圧縮で HTBの北海道花情報2007 に投稿する予定です。

ゆずうどん  さとらんどセンターのレストランはるにれでは、よく蕎麦を食べるのですが、メニュー(PDFファイルです)を見ると、ゆずうどんがありました。説明には、「麺にゆずの皮を練りこんで仕上げました。ゆずの香りが口いっぱいに広がります。」とあります。
 はじめ一口はたれを付けずにお召し上がり下さい、と言われました。ネギもショウガも要りません。おすすめです。

2007年 5月29日(火):函館の子リス

すすきのの夕陽  午後、市内のホテルで定例の会合でしたが、カメラを持って行きました。
 10階の部屋で18時から懇親会がありました。カーテンが開けられると、外は夕方のすすきのです。先日の釧路のようには赤くはなりませんでしたが、夕陽の光景です。
 観覧車はビルの屋上にあります。乗ったら楽しいですよ、と言われました。温泉もあります。

函館の子リス(昨日家内が撮影)  私のエゾ子リスの写真に刺激されて、家内も昨日函館の見晴公園に子リスを探しに行きました。
 子リスを2匹見たそうで、この写真を昨日メールで送ってくれました。平地にいるところが円山のエゾリスと違います。食べ物は自分で見つけたそうです。
 今日は絵日記用の写真が撮れないと思って、使用許可を貰いました。少しお兄さんかも知れませんね。

2007年 5月28日(月):腹囲にどっきり

腹囲を測定します  午前中の市内の健診先は今年から「腹囲」を測ります。昨年度も腹囲測定をしていたところはありましたが、内部の保健師さんが担当していました。
 来春からは職場の健診でも35歳と40歳以上の方は腹囲測定が必須です。今年は数ヶ所から依頼されています。心電図ブースで検査技師が測りますが、不意にこんな看板を見せられたらどっきりですね。

青空  朝から雲一つない青空で、昨日に少し分けて欲しかったです。
 天気が好くても本州と違って暑くなくて、爽やかなのが嬉しいです。もうじき6月ですが、原則的に梅雨はないので、この時期の観光もお薦めです。
 昼休みに健診バスを入れて撮りました。ナナカマドの花を撮りましたので後程、HTBの北海道花情報2007 に投稿します。

一匹狼?  今のカメラは1000枚撮影するごとに収納ホルダーが新設されるのですが、昨日は眠くて PC に移し忘れた写真を2枚、今日発表します。
 斑点ちゃんの子供の一匹が単独行動をしているという yaoya さんのお話を紹介しましたが、これが一匹狼のエゾ子リスです。
 他のリスと離れて、登山道ではない下の大きいカツラの根元にいました。

2匹シマリス  円山にはエゾシマリスがあちこちにいます。人馴れしていて、人の姿を見ると走って来るシマリスもいます。ヒマワリの種を好んで食べますが、本当は剥きグルミ(自分では剥けない)が一番好きです。
 単独行動をしていますが、餌場では接近することもあります。縄張り意識がエゾリスよりも強いかも知れません。近寄ると相手を追い払います。

2007年 5月27日(日):エゾ子リスたち

遠いエゾ子リス  斑点ちゃん(本館のエゾリスのページでどうぞ)の5匹の子供が元気に育っている様子は yaoya さんのブログ円山近辺の四季や、画像掲示板への投稿で知っていていましたが、なかなか行けません。
 今日は5時に起きて始発(6時)の地下鉄で円山公園に行きました。例の場所には yaoya さんと、エゾ子リスが2匹来ていました。

枝の上  小雨で、傘を差して撮りました。この天候で朝の円山原始林は暗いです。写真はぶれぶれの連続でした。
 エゾ子リスたちは随分成長していて、落花生をくわえると、高いところで食べます。上の方が給餌台やほこらより明るいです。
 付かず離れずの2匹(ここにいました)と仲良しの2匹、それに単独行動の1匹に分かれて、親離れをしたそうです。

木の根元で  しばらくして雨も止みました。子リスたちは耳の総毛も濡れてしょぼしょぼでしたが、元気です。この2匹は2番目の給餌台まで追いかけて来ました。
 また、下では単独の一匹にも会えました。仲良し2匹組みと斑点母さんには会えませんでしたが、大人のエゾリスとシマリスは数匹見ました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について