別館


写真絵日記


2007年 6月15日(金):虹を見る

雨です  昨夜から雨になりました。今回の出張に出る前に長期予報で確認したのですが、今週は晴れマークだけでした。4、5日先のことは難しいようです。
 少しでも怪しい場合は小さい傘を持って出るのですが、今回は外しました。
 朝出発前の撮影で、ちらっと柄が見えますが、バスには何本か持ち主不明の傘がぶら下がっています。

虹が見えます  16時前に旭川を健診バスで出発し、高速道路を使って札幌に帰ります。
 岩見沢インターで一度外に出て、Uターンしてまた高速道路に入りました。聞けば、ETCは17時過ぎに100キロ以下では一度だけ割引が効いて、ほぼ半額になるのだそうです。雨があがって来て、虹が見えましたが、走るバスの横の窓越しではうまく撮れません。

虫除け2種  札幌へ帰ってから、円山行きに備えて、虫除け剤を買って来ました。
 画像掲示板で話題になっているので、それを参考にスプレーとクリームを買いました。どちらも小容量ですが、値段はスプレーがクリームの半額以下です。
 明日か明後日の朝、円山公園に行くつもりなのですが、帽子がありません。困った・・・

2007年 6月14日(木):旭川駅高架化工事中

旭川駅を見下ろす  旭川駅が高架化の工事中で、今の駅の写真を撮っておこうと、駅前のデパート10階に行きました。
 富良野行きホームだけが改札から遠く(100メートル?)離れていて、この隙間に高架の新駅を建設中です。2010年頃に高架が完成、2014年頃には駅前広場が2倍の広さに生まれ変わる予定だそうです。後の緑地は忠別川です。

雪がたくさん  駅舎右側の時計のところをアップにしました。流石に寒い旭川で、雪の結晶がたくさん描かれています。
 この工事には 北彩都あさひかわ 計画が関連しています。うまく自然と調和させれば良いですね。
 札幌市内以外で駅が高架になっているのは帯広駅と千歳駅しか知りません。北海道第2の都市ですから高架化されて当然ですね。

2007年 6月13日(水):バイキング

診察ブース  今日から3日間(来週も3日間)は、旭川市内のT芝H電子で健診です。
 とても広い研修室が会場で、エアコンが効いているのが良かったです。ちなみに旭川の予想最高気温は30℃で、真夏日ですね。
広い部屋の一番隅の診察ブースです。「診察中 開けないで下さい」と印刷された布のステッカー?は看護師さんたちの手作りです。

バイキングのお盆  昼食は職員食堂を使わせてくれます。今日は450円でバイキングでした。
 トンカツとイカのゲソ揚げが人気があったようです。
 私とS藤マネージャーのお盆を並べて撮らせて貰いました。おかずは一見差が無いように見えますが、密度が違います。ご飯控えめの方が私のお盆です。野菜も多い。皆さん結構おかわりをしていました。

満開のアカシア  今回札幌を出た時に、砂川市辺りでアカシアが咲いているのに気付きました。
 旭川市はナナカマドの街路樹が多いですが、市の木はナナカマド、市の鳥はキレンジャクです。アカシア並木もありますが、札幌より少ないです。
 昼休みに仕事先で撮りました。とても良い香りがします。花は天ぷらにして食べれるそうです。
 アカシア(ニセアカシア)の特定外来生物要注意リスト入りのことは、昨年6月20日の絵日記 に書きました。低圧縮の写真を、後程 HTBの北海道花情報2007 に投稿する予定です。

今日の青空  夕方Yahoo!の天気予報を見ましたが、30℃の予報がそのままになっています。ニュースで確認はしていませんが、多分真夏日だったのでしょう。
 今日の青空です。最近こんな写真が多いですが、どこで撮ったか判るようにしています。風があって湿度が低いので、爽やかな感じでした。6月中旬に真夏日とは先が思いやられます。

2007年 6月12日(火):真夏日

大雪山  朝から暑い日で、最高気温の予報は28℃でした。
 午前中の健診はNディーゼルでした。超音波検診車も出動して、成人病健診から特殊健診までしました。ここには前に何回か来たことがあり、エアコンが嬉しかったです。
 門のところから大雪山を撮りました。かすみがかかっていますが残雪がお判りと思います。

夕方の青空  内陸部は晴れると気温が上がります。
 午後はエアコンのない会場での合同健診をしました。受診者に暑い思いをさせましたが、私たちも暑かったです。
 写真は17時頃、ホテルの駐車場から撮りました。左が泊まっているホテルです。最高気温は30℃行かなかったようですが、室内温度は真夏日でした。

うちわの裏表

 月曜に持って来た、会社で作った今年のうちわです。初めて作った 去年のうちわ は、出来たのも遅かったし、余り垢抜けしてない感じでした。
 今年は腹囲85cmのメタボリックのアピール(内臓脂肪ドックとフェニックスケアについては 会社のHP をご覧下さい)と主婦健診のすすめです。昨年より進歩していると思いますが如何でしょう?
 Sさん、30万ヒットの記念品にどうですか?・・要らないでしょうね・・・

2007年 6月11日(月):夏日

江別市内の国道12号線  7時出発で、江別市へ向かいました。国道12号線を通って行きます。
 江別へ入ってすぐは、大学などがたくさんある、緑の多い地域です。朝から快晴で、25℃以上気温が上がる予報でした。
 久しぶりに暑いと思いました。昼に一度会社へ戻って、14時20分出発で、今度は高速道路を使って旭川へ入りました。

今月のonちゃん  絵日記が種切れになったら出すための画像がいくつか用意してあります。
 そんな時に毎月お見せしていた、onちゃんカレンダーの今月分です。着ぐるみはエゾシカとマリモ(人気があるようですね)です。
 今月から巡回健診班が2チーム多く活動しています。おかげで私は巡回の仕事が殆どです。苫小牧〜室蘭が終わって、今日から旭川です。泊まるのは3年ぶりくらいで、街の変化に驚いています。

2007年 6月10日(日):カメラが気になる?

大接写  今日は昨日より早目の8時前に見晴公園に行きました。その時点ではカメラマンはいませんでした。
 子リスは近寄って来ません。再建なったお茶室のところで2匹のエゾリスが餌を貰いに来ました。どちらも夏毛になっています。
 2匹には強い弱いがあるようで、争うと必ず勝つのが、家内のカメラを覗き込んでいる?リスでした。

母さんエゾリス  民家と接していて、給餌台のある方に周ると、いつもお二人で見えているご夫妻にあいました。
 写真の成獣のリスと子リスがいたようで、ご主人は樹上の子リスを撮っておられました。
 こちらは餌を取って行きます。おっぱいが少し大きく、お腹も大きいような気がします。出産はこれからかも知れません。

オオヨシキリ  早く帰ったので、家に車を置いて、歩いて川へ行きました。家内がオオヨシキリがいると教えてくれましたが、歩いた範囲で何羽かいました。きっと縄張りがあるのだと思います。
 スズメより大きく、口の中が赤く、眉毛のような模様はありません。コヨシキリでなくオオヨシキリだと思います。こちらは逃げずに何枚も撮らせてくれました。

カルガモの母子  今年はカルガモの親子連れを見ていないので気になっていました。
 最近はいつも行く川にはカルガモが少なく、冬鳥のコガモはいなくなりました。
 一組だけカルガモの親子連れに合いました。5羽のヒナを連れています。流れが急でもヒナも元気に泳ぎます。川にはカラスもカモメもいます。無事に育って欲しいです。

2007年 6月 9日(土):仲良し兄弟

一匹目の子リス  行かないつもりでしたが天気も好いので、9時半ごろ見晴公園に行きました。いつもの場所でお母さんリスにクルミをあげてから、公園の奥にも行きました。
 逆光で耳の総毛が見づらいですが、このリスは子リスだと思います。餌は取りに来ません。自分で地面から見つけたクルミを、木に登って葉の陰で食べていました。

2匹目の子リス  帰ろうとしたら、公園の入り口で地面を探すエゾリスを見つけました。やはり小さくて、子リスではないかと思います。近寄ると離れて、自分で見つけた餌を食べていました。
 人がたくさん近くを通りますが、小さいし、色も地面みたいな色なので、気付かない人が殆どです。
 その内、近くの木に登ってしまいました。

枝の上の2匹  逃げられたと思って見上げると、何と木の上にもう一匹小さいリスがいて近寄って行きました。
 追いかけあったり近付いたり、まるでじゃれ合っているような感じでした。
 この写真はノートリミングで、420ミリの望遠ですから、かなり高いところでの出来事です。絵日記のタイトルは兄弟と書きましたが、オスメスは不明です。

幹につかまる2匹  完全に体をくっ付けたりしていましたから、兄弟リスは間違いないと思います。
 動きも早いですが、たくさん写真を撮りましたので、その内エゾリスのページにまとめたいです。

 その後、大沼公園に行きましたが、成果は花の写真だけでした。マルメロとルピナスの写真を、後程 HTBの北海道花情報2007 に投稿する予定です。K林さん、そっちを見てくださいね。

2007年 6月 8日(金):ありがとう30万ヒット

 仕事が終わって伊達紋別駅でメールのチェックをしたら、画像掲示板でお馴染みの白さんから、30万ヒットのお祝いメールがありました。彼が踏み人さんで14時45分のことでした。証拠写真は画像掲示板に貼られています。

ありがとう30万ヒット
 写真のリスは 鈴木工房 の木製のペーパーウェイトで、5日にやはり画像掲示板でお馴染みのみっこさんから30万ヒットの前祝に頂いたものです。
 30万は一つの目標でした。最近本館の更新が滞り気味ですが、これを機会に活を入れたいものです。本当に皆様、有難うございました。

登別室蘭インター  午前中は昨日の午後と同じ登別の会場で合同健診でした。霧雨で寒かったです。寒いのは苫小牧だけでなく、室蘭までが今日は天候不順でした。
 昼に午後の仕事先の伊達へ移動しましたが、登別室蘭のインターチェンジは写真のように霧です。でも伊達は晴れていました。ちょっとの移動でがらっと天気が変わります。

後に巣が見えます  昼食は伊達の道の駅で取りました。入り口の建物の軒下にスズメがたくさん巣を作っていました。親が飛び交って、子供が顔を出して賑やかです。
 高いところなので大きくは撮れず、少しトリミングしています。スズメの後に巣が見えます。
 頬の黒斑が小さいので子スズメと思いましたが、違っていたらお許し下さい。

にらむ親ツバメ  午後は伊達市の会場で合同健診をしました。
 地元の企業や全道展開の会社の支店の方などが受診します。毎年受ける人が多いので、PCで過去歴を呼び出して、体重の変化などを話題にします。メタボリックがキーワードです。
 会場の入り口の壁にツバメの巣がありました。卵を温めているのだそうで、時々向きを変えます。

2007年 6月 7日(木):海の駅

苫小牧の霧  昨日から少し天気が悪くなって来ました。幸い夕食に出た時は降っていなかったですが、夜は時折激しい雷雨でした。
 今回は傘を持って来なかったのを少し後悔しましたが、今朝仕事に出る時はこんな感じでした。
 一昨日の絵日記で紹介した片側4車線のコンクリート舗装道路です。苫東に向かう通勤ラッシュです。

大きいナナカマド  今日の午後と明日午前は登別市の幌別地区にある会館を借りての合同健診です。合同健診とは会場を用意して、多くの事業場の方々に来て貰う健診です。
 一般の巡回健診ですと会場になる場所とレントゲンバスを置く場所が必要で、人数もあまり少なくては出来ません(時には許可を貰って近所の小さい事業場から来て頂くことがあります)。
 これに対し合同健診は何人でも構わず、都合の良い時間に来たり、交代で来たりも出来ます。小規模な事業場の方々だけではなくて、全道展開をしている会社の小さい支店の方々も受診しています。
 会場の裏にとても大きなナナカマドがありました。2階建ての家の屋根より高いです。この花が全部実になって、レンジャクがたくさん来たらすごですね。

白鳥の噴水  室蘭港の近くのホテルに着いたのは夕方でしたが、カメラを持って食事に出ました。
 大きいフェリーが見えたので、そばの入江臨海公園へ入りました。白鳥の噴水の後方に見えるのがフェリー「つくば」です。この噴水は前にも撮ったことがあります。三羽の白鳥はそれぞれ「まち」「ひと」「みなと」を表しているのだそうです。

海の駅の案内看板  こんな案内看板がありました。函館では時々フェリー埠頭へ食事に行きます。
 「うみえる」で食事をしましたが、白鳥大橋は霧にかすんで、しかもフェリーの陰でよく見えませんでした。
 「道の駅」はメジャーですが、「旅の駅」「水の駅」もあります。「海の駅」は名前しか知りませんでした。海を楽しみ、海を味わい、海に憩う、のが目的とか。色々なものが出来ます。
 近くで撮ったハマナスの写真を、後程 HTBの北海道花情報2007 に投稿する予定です。

2007年 6月 6日(水):リスを捕って売れ!

 先月19日画像掲示板に、エゾリスの写真の出版物の表紙への使用許可を求める書き込みがありました。その後はメールで連絡しました。写真はエゾリスのページの2003年度の「秋・その後の子リス(3)」のトップ写真です。
 本は7月1日に日新報道から出版されるそうで、こんな感じの表紙と画像を送ってくれました。
本の表紙

 変わったタイトルですが、第3章に「伊豆大島の幼少時、金を稼ぐためにろくに学校にも行かずに野生のリス捕りに専念しました。リスはすばしっこい野生の動物です。それを捕らえるには大変な工夫が必要とされました。」と書かれ、その工夫は営業と全く同じとのことからのタイトルのようです。そのリスはタイワンリスです。
 表紙裏になる左下の部分に写真の出典(作者名、HP名、URL)が書かれています。

苫小牧漁港  午後は苫小牧の漁港に健診に行きました。
 苫小牧港といえば、工業製品の輸出入やフェリーの多いことから、なかなか漁港については思い浮かびません。
 しかし苫小牧はホッキ貝の産地として有名で、ホッキを使った駅弁なども知られています。何度も苫小牧に来ているのに、漁港は初めて行きました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について