別館


写真絵日記


2007年 9月 3日(月):熱いお茶

熱いお茶  今日は予想最高気温が22℃でした。風も強くて、出勤時には小雨も舞う肌寒さでした。
 朝持って来てくれたのは、久しぶりの熱いお茶です。渋い湯のみを使っていますが、私が選んだわけではありません。
 午後、コーヒーも冷たいお茶も出せますよ、と言われましたが、季節物の熱いお茶にしました。

札幌第一合同庁舎  午後4時面会の約束で、札幌第一合同庁舎にご挨拶に行きました。新しい局長は赴任では前橋が一番北だったと言われましたので、雪道の滑りやすさを説明しました。
 久しぶりにネクタイを締めましたが、相手はクールビズでノーネクタイでした。ビルの窓もたくさん開いています。うちも9月末までクールビズです。

2007年 9月 2日(日):朝日

5時13分の撮影  昨日から苫小牧へ日帰り健診に行っています。健診は7時からで、札幌の出発時間は何と5時30分です。昼に終わるので早くは帰れますが、2日が限界ですね。
 これは今朝5時13分に部屋から通路(8階)に出た時に撮りました。4時15分に起きた時は真っ暗でした。往復2時間のバスの中は爆睡です。

ナナカマドの紅葉  健診場所は社宅の中にある体育館ですが、その周囲の街路樹はナナカマドです。
 朝何人かが気付いて話したのですが、一本だけが紅葉が進んでいます。道が分岐する丁度角にあるので、他の木より日照がよいのかも知れません。思いついて昼に撮った時は曇りで、鮮明には撮れませんでした。

2007年 9月 1日(土):遠いカワセミ

ハスのトンボ  今朝は5時半に札幌をバスで出発して、苫小牧へ健診に行きました。昼までの仕事で、終了時に画像掲示板でお馴染みのMさんとSさんに迎えに来て頂きました。
 本館の花を訪ねての「安平町鶴の湯温泉のハス池」と同じ店で食事をして、鶴の湯温泉に行きました。花は終り気味でした。秋の赤トンボです。

鶴の湯温泉の池のコイ  鶴の湯温泉の池には巨大ゴイが無数にいて、争って餌を貰いに来ます。岸にこぼれると頭を岸の上まで出して取ります。
 給餌にやみつきになった少年が、温泉内で餌を買って来て楽しそうに与えていました。
 池にはカワセミがいますが、下手をするとコイに食べられるかもしれないと話し合いました。

恵庭のカワセミの背中  恵庭が故郷のSさんが恵庭のカワセミスポットに連れて行ってくれました。
 対岸に2羽のカワセミが何回か現れて、じゃれあったり、枝に止まったりします。一度だけ私の側に止まったのですが、木が邪魔で撮れませんでした。10枚くらい写っていた対岸のカワセミの1枚で、背中です。縮小してトリミングしました。

白扇の滝  少し暗くなりかけた頃、恵庭湖の上流にある白扇の滝へ行きました。
 恵庭渓谷の見所の3つの滝の中で最も大きく迫力があるのが「白扇の滝」だそうです。周辺はよく整備されています。マイナスイオンが充満しているよう雰囲気でした。
 こういうところにカワガラスがいるとMさんに言ったら本当にいました。

2007年 8月31日(金):ケア9月号

ケア9月号  北海道医療新聞社 の 一般向けの暮らしと健康の月刊誌 ケア に2007年6月号から野生動物の写真を提供しています。
 それまでの経緯と6月号のエゾシカのページについては 2007年5月18日の絵日記 に書きました。ほっかいどう動物写真館という3ページのコーナーです。
 ケア7月号は 2007年6月29日の絵日記 で取り上げました。エゾリスの話でした。

キツネのページの1ページ目  ケア8月号は野鳥の話で 2007年7月26日の絵日記 で取り上げました。
 9月号はキタキツネの話です。これは家内が撮った写真で、「ふさふさ2 エッ、クルミ!」で発表しました。クルミを食べようとしています。
 会社の部屋には8月20日に届いていました(スタンプが押してあります)。その頃、函館にも送ってくれたのですがスキャナが無いので、取り上げませんでした。

キツネのページの2ページ目  使用写真の選択と文章はケア編集部のK田さんによります。大体私のホームページに書いてあることを整理して作ってくれています。
 このページの下の2枚は子別れの話です。積丹半島の駐車場で見ました。「キツネの子別れ」というページにまとめてあります。
 最近の写真は容量が大きいので、少し圧縮をかけて、メールに添付して送ります。

キツネのページの3ページ目  3ページ構成のシリーズで、3ページ目です。
 上の後姿2枚は私のお気に入りで、ふり返っている写真は、壁紙プレゼントに置いてあります。
 野生動物で、たくさん写真があるのはもうシマリスくらいになりました。モモンガは投稿ものだし、ユキウサギは白い写真がありません。
 来月号はハクチョウでページが作られます。カモもすすめているのですが・・

2007年 8月30日(木):今朝の恵庭岳

今朝の恵庭岳  最近、札幌市内2ヶ所から見た恵庭岳の画像を絵日記で使いました。
 画像掲示板でKちゃんやSさんから好評を頂きましたので、会社の自分の部屋から見える今朝の恵庭岳を撮りました。
 曇っていてはっきりしませんが、昼には雲の中に隠れてしまいました。秋になって空気が澄んだらまた撮ってみます。

終わってしまったオオキンケイギク  内勤の時は昼食は近くの蕎麦屋さんでざる蕎麦を食べます。
 そこの窓から自動車学校が見えるのですが、一角に毎年オオキンケイギクが咲きます。昨年は 7月21日に撮って北海道花情報に投稿 しました。今年は出張が多くて、ゆっくり花を見ていませんでした。当然ながらもう終わっていました。損をしたような気がします。

2007年 8月29日(水):揃って切り番

 本日午前中、峠を越えて本館が32万ヒット別館が8万ヒットに達しました。
 これもひとえに皆様のおかげと感謝しています。これからも宜しくお願い致します。

テクノパークの青空です  午前中は札幌テクノパークにあるグループ会社へ行きました。
 「花を訪ねて」に取り上げた野幌森林公園は大部分が江別市です。札幌テクノパークは森林公園に隣接して札幌市が昭和60年に、情報化社会に向けてエレクトロニクス関連の研究開発型の工業団地として、造成をはじめたものです。

窓際が好きです  会議室の窓際に診察スペースがあって、ブラインド越しに外が見えます。
 テクノパークには緑がとても多いです。窓から緑が見えるのは開放感があって良いですね。巡回健診では窓の無い部屋での仕事もあります。
 そう言えば「窓際族」という言葉がありましたが、最近は聞かないような気がします。

2007年 8月28日(火):太陽光発電

厚別から恵庭岳遠望  昨日の会社の厚別区にある札幌支店へ行きました。白石区と江別市の中間に当たります。
 5階建てのビルで、周りに高い建物がないので、見晴らしがとても良いです。
 昨日の絵日記と同じ恵庭岳はこちらからの方が大きく見えます。
 写真は肉眼と同じような感じになるよう、焦点距離94mmで撮りました。

雲が出て来ました  また朝てっかりかと思いました。今夜は皆既月食が見られるという日です。
 案の定、だんだん雲が出て来ました。これは10時43分に撮った写真で、恵庭岳が大きくなるよう、焦点距離を420mmにしています。
 その後雲が少なくなって来て、今、テレビでは札幌の月食の様子を放送しています。ベランダからは見えません。

太陽光発電システム  朝バスの中からこのビルを見て、屋上に太陽光発電のパネルがあるのに初めて気付きました。屋上にあるので少し離れないと見えません。
 昨年夏に工事して、秋には完成していたそうですが、今春来た時は気付きませんでした。
 規模は10kW、約75m2で、年間発電量は9,100kW(電気代で約9.1万円/年)だそうです。
 もっと詳しく知りたい方は こちらのPDFファイル(< つうけんHP)をご覧下さい。

2007年 8月27日(月):朝てっかり

恵庭岳が右下に見えます  長年産業医をしている白石区本通19丁目南にある会社の健診に行きました。
 仕事が始まる前にビルの4階にあるテラスに出てみました。全天にわたって雲一つ無い青空でした。
 この写真の画面右下に恵庭岳が見えます。支笏湖の近くにあります。会社の私の部屋からよく見えますので、何回か絵日記で紹介しました。

一番赤いナナカマドの実  だんだん曇って来て、昼食に出た時は完全に曇り空でした。
 普段使う表現ではありませんが、不意に「朝てっかり」という言葉を思い出しました。北海道に来てから聞いたので、北海道弁と思っていましたが、検索してみるとちゃんと出ます。
 通り道の公園で一番赤かったナナカマドを撮りました。風も強かったです。

クルミを食べるシマリス  昨日の絵日記は yaoya さんの真似をして、小さく撮ったリスの写真ばかり使いました。
 家内の批評で、不評でしたので、今日は大きく撮った写真を発表します。
 餌場で、剥きグルミを食べている幸せそうなシマリスです。こういう写真はいくらでも撮れるので、構図や背景に配慮する余裕があります。

落花生を食べるシマリス  帰り際に撮った、落花生を食べるシマリスです。
 エゾリスが落花生を食べるのは円山公園だけと思うのですが、つられたようにシマリスも食べます。落花生の殻は大きいので、小柄なシマリスがそれをバリバリかみ破るのは見ものです。足許の薄皮の中はすでに食べられています。「落花生も好き」というページを予定しています。

2007年 8月26日(日):遠いリスたち

山の子のシマリス  今朝は起きた時間は昨日と同じ6時でしたが、手順が良くて、7時前に円山公園に着きました。
 すぐ円山近辺の四季の yaoya さんとお会いして、いくつかのリスの出現ポイントを回ります。
 これは下の方で暮らす、全く人馴れしていないシマリスです。近寄ることが出来ません。山の子のようなものです。

枝の上でクルミを食べるエゾリス  神宮の方で、クルミを採るエゾリスを探したら、何ともう食べているエゾリスがいました。
 葉が茂っていて、逆光になりますが狙って撮ってみました。今日の絵日記の4枚の写真はすべてノートリミングです。
 昔はこんな遠いリスは諦めて撮らなかったのですが、yaoyaさんの影響で狙うようになりました。

 この写真の 壁紙サイズのものを、画像掲示板に投稿(←クリック)に投稿しました。

移動途中のエゾリス  この時は2匹のエゾリスを見つけました。樹上を移動して行きます。幹の上に短時間止まりました。葉や枝越しですが、ピントはスポットにしてあるので合わせることが出来ます。
 つらいのはやはり暗いことです。エゾリスは餌場以外では、半分以上はぶれた写真になってしまいます。今日は餌場は終始カラスが占拠していました。

オオハンゴンソウの下のシマリス  下のシマリスの給餌場の手前に、倒れた木の上にオオハンゴンソウが咲いている場所があります。
 シマリスの出現ポイントなので、この花の下にいるシマリスを撮りたいものだと思っていました。リスがそちらへ歩いて行くので、期待したのですが停まってはくれませんでした。
 今日は近くで撮ったリスの写真は遠慮しました。

2007年 8月25日(土):夏の円山のリスたち

クルミをくわえる  6時に起きて、地下鉄に乗って、7時過ぎに円山公園に着きました。絵日記で調べてみると、何と 2007年 6月30日「大小シマリス」以来です。画像掲示板に円山近辺の四季の yaoya さんが毎日写真を貼って下さるので、もっと行っていると思っていました。7月と8月は函館などの仕事が多くて、土日は札幌にいませんでした。

埋め終わる  yaoyaさんとお会いして、最初は神宮の方でオニグルミを採るエゾリスを狙ったのですが、うまくは撮れません。
 グランドの方で、クルミをくわえた、上の写真のエゾリスに会いました。給餌場もあって、何匹かのエゾリスがいましたが、暗くて大部分がぶれてしまいます。埋め終わってこちらを見たところです。

立っている  シマリスはいつもの餌場の周辺でしか見られませんでした。エゾリスよりも活動時間が長いですが、行動範囲は狭いようです。
 餌場にはヒマワリの種、カボチャの種、落花生、剥きグルミが少しずつ置いてありました。
 どうしても餌を食べている写真が多くなりますので、手ぶらで立っている写真は貴重?です。

ピーナッツを食べる  yaoyaさんとこのシマリスを見ていて気付いたのですが、ヒマワリの種だけを食べていました。落花生は剥いたのですが、中のピーナッツを置いてしまいました。近くにはシマリスの大好物の剥きグルミもあるのですが、手を付けません。
 新人さんですねと言っていたら、やおらピーナッツを食べ始めました。美味しそうな顔をしています。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について