別館


写真絵日記


2006年 2月 3日(金):福は内

オニグルミがいっぱい  これは昨日撮った、公園の管理事務所の横の資材小屋(正式名称は知りません)の入り口に置いてあったオニグルミです。
 オニグルミが入っているのは、金網の篩(ふるい)の桶で、1月30日の絵日記のおとぼけリスが足をかけていたものです。その時は底が3分の1くらい見えましたが、昨日は満タンでした。
 多分昨年公園で採れたオニグルミです。福を呼ぼうと置いてあるのだと思いました。

2006年 2月 2日(木):歓迎?

樋の上  今回の函館の仕事は若いI先生と二人で担当しています。
 エゾリスを見たいというので、朝ホテルへ迎えに行って公園に向かいました。雪も降っていて、半分諦めていたので、ついたのは10時過ぎでした。クルミの置いてある資材小屋の中にお馴染みのリスが1匹だけいて、クルミを取って樋の上に上がってかじり出しました。粉が見えるでしょうか?

木の上で  樋の上のリスとI先生の記念撮影をしようと近寄って貰ったら、逃げて高い木に登って、クルミをかじりだしました。I先生は双眼鏡を使って、リスがクルミを割って、二つに割れたクルミをを順番に食べて、殻を捨てる様子を観察して喜んでくれました。
 拡大すると粉が散っているのですが、小さいと判らないですね。

I先生から取りません  降りて来たので家内がクルミを手渡すと、貰って行って近くの木の上で食べていました。
 I先生も何とかクルミを手渡そうとするのですが、エゾリスは人見知りするので貰ってくれません。近くまで寄って来るのですが、最後はこのように逃げてしまいます。これは家内の撮影です。
 見られて良かったけど、給餌が出来なくて残念でした。

2006年 1月31日(火):ヒレンジャク

ヒレンジャク  函館在住で相互リンクの方の掲示板に、ある通りのナナカマドにレンジャクが群がる写真が載っていました。一昨日の撮影のようです。
 今週の仕事は午後2時から7時半という夕方中心の健康診断です。おかげで午前中は時間があるので、函館市内のナナカマドが多い道を選んで通り、そこまで行ってみました。
 レンジャクが10羽くらい電線にとまっていたので、車を近くの駐車場において行ったのですが、逃げてしまって一羽しか撮れません。広い道の反対側の歩道からなので50%縮小でこの程度。何所だか判りますか?尻尾が赤いです。

コクガン2羽  一昨日に引き続き、コクガンを見に行きました。
 海苔を採っている漁師さんの近くに寄ったコクガンの写真を撮って、新しいコクガンのページを作ろうと思ったからです。
 レンジャク探しで時間がかかって、干潮を少し過ぎた時間になってしまいました。
 漁師さんたちは岩から帰って来ますし、コクガンも満ち潮の波を被っていました。こんな写真を撮りたいと思っても、動物や自然が相手ではなかなか・・です。

2006年 1月30日(月):おとぼけ

サツマイモを食べている  今日は本来は移動日で、健診スタッフは札幌から函館へ移動して来ます。という訳で私は仕事はお休みで、9時過ぎに公園に行きました。暖かい日でまだ十分エゾリスを見れると思いました。
 入ってすぐに、松の木の上で少し色の薄い感じのエゾリスが何かを食べています。
 見てもよく判りません。帰って写真をチェックしたらサツマイモのようです。誰があげたのでしょう?

植木の中で  公園の中心部では3匹のリスが出て来ました。
 次々にクルミを貰いに来るのですが、他のリスが気になって、落ち着かないようです。
 それから、追いかけも始まっているようで、一匹に他のリスが付きまとっていました。
 これは植木の中に隠れて?いるところです。

ふるい桶に足をかける  資材小屋に昨日、管理人さんがたくさんクルミを置いたのですが、一匹しか取りに来ないと言っていました。
 今日はこの周りで3匹のエゾリスがオニグルミをかじっていました。カリカリと音がするので居場所が判ります。
 ふるいにオニグルミが入っているのですが、このエゾリスは一つくわえて、私たちに気付いて逃げようとしています。鼻に何か付けて、片足を桶にかけ、すっかりおとぼけリスです。

2006年 1月29日(日):今冬初めてのコクガン観察

立つエゾリス  昨日の反省から今日は8時過ぎに公園に行きました。常連のSさんがリスを撮っていて一安心。
 結局6匹ぐらい見たと思います。今のカメラで初めてのリス撮影です。オートレビュー(レックビュー)が1秒に設定されていて、その間にリスが視野から消えていたり、操作音が大きくてリスが吃驚しそうです。これらはOFFにして次回に備えます。
 今日の一枚です。あごが外れそう。

コクガンのペア  この冬さぼっていたコクガン観察に行きました。
 日本で越冬するコクガンの大多数(1000羽弱でしょうか)が函館近海にいます。本館の野生動物・野鳥編に2ページあります。詳しくはそちらで。
 マガンなどよりも少なく、やはり天然記念物に指定されています。
 横からとお尻から見たコクガンです。

コクガンの群れ  ここは下海岸(戸井や恵山側をこういいます)の旧市街です。
 干潮時にのみコクガンは沖合いから岸辺に来て、海草を採食します。
 人馴れしていなくてカメラを持って近付くと、どんどん離れて遠ざかって行きます。しかし海苔を採る漁師さんは無害と思っているのか、驚くほど近くにいます。
 漁師さんたちも大事にしているようで、家内が話した漁師さんは「白鳥も三羽くらい来るんだよ」と言ったそうです。野鳥編の「渚にて」がそんな話です。

2006年 1月28日(土):給餌台の猫

給餌台の猫  寝坊して、10時過ぎに公園に行きましたが、エゾリスはさっぱりです。隣接するゴルフ場はソリや歩くスキーの人が多く、たこ焼き屋さんの車まで来ていました。
 諦めて大沼へ行きました。自然ふれあいセンターは野鳥編で紹介しています。窓際にエゾリスが来てリンゴを食べている写真も飾ってありました。気付いたら給餌台に大きい猫が入っています。これでは・・・。

餌を争う  ふれあいセンターにはハクチョウの給餌用のパンがたくさん置いてあり、自由に持って来れます。家内がパンの耳をどっさり貰って、セパットへ行きました。セパットも野鳥編で紹介しています。
 餌を積極的に取りに来るのはオオハクチョウとマガモです。
 パンを投げる人の手を一斉に見るので、うまくタイミングを合わせれば面白い写真が撮れそうです。

対岸のオオハクチョウ  セパットに来ていた鳥はマガモ、オオハクチョウ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、そしてカラスとスズメです。
 餌争いから離れて対岸に渡って、羽づくろいをするオオハクチョウです。とても寒そうに見えると思いますが、この時は+気温になっていて、そんなに寒くはなかったです。
 リスもキツツキも撮れなくて、チョッピリ不満の一日でした。

2006年 1月27日(金):あったか駅弁

あったかかきめし  夕方札幌発の特急に乗るとき、最近札幌駅で「あったかかきめし」を買います。
 弁当箱の下段に加熱装置(紐を引くと作動して、湯気が出て、加熱に7〜8分かかります)が入っている3月中旬までの冬季限定駅弁です。2001年にはもうあったようですが気付きませんでした。ひじきやごぼうの炊き込みごはんにサロマ湖産カキ(これは6個)とシメジなどが乗っています。加熱装置のついた帯広の豚丼を食べたことがありますが、温かい弁当は嬉しいですね。
 且D幌駅立売商会の発売です。

2006年 1月26日(木):お腹にツララが

寒そうですね  午前中は中央区のサテライトで仕事でした。お昼に大急ぎでオシドリを見に行きました。
 今日は曇っていて寒かったですが、オシドリの羽の白い部分が飛ばない写真が撮れるかもと思いました。それと確認したかったのが、他にオシドリがいないかということでした。
 寒い中を同じ場所にマガモと一緒にいました。

お腹に氷?  暗いのでISO200で撮りました。
 これは上と別の大きく撮った写真をトリミングしたものです。
 盛んにストレッチのようなことをしていましたが、この写真を見るとお腹にツララが下がっているような感じがします。
 凍りついた羽をほぐすためのストレッチだったかも知れません。その内に、札幌の冬のオシドリをまとめます。

2006年 1月25日(水):ありがとう17万ヒット

ありがとう17万ヒット  お昼休みに本館のアクセスカウンターが17万を超えました。有難うございます。
 何が良かったのか判りませんが、最近アクセスが増加していて、昨年12月1日が16万ヒットでしたから、2ヶ月かからずに1万ヒットが増えました。
 受験シーズンが間近に控えていますので、エゾリスのページの隠しページ「秋・落ちないリス」から一枚使います。2003年11月8日に函館市で撮ったものです。

2006年 1月24日(火):商売繁盛

絵馬  今月中旬から勤務先の私の部屋にこの絵馬が飾られています。
 誰が頼んだか(ネットで取り寄せられます)、誰かから頂いたのか、私は聞かなかったので、経路は不明です。
 金持神社(日野町観光協会公式ホームページ)によると、金持は「太平記」に登場する金持景藤はじめとする金持氏に由来するそうです。
 鳥取県日野町 はオシドリで有名で、日野川のオシドリは大陸から飛来したものに1987年頃から餌付けをして、現在は700〜800羽が越冬するそうです。金持神社のことは「全国で1か所しかない縁起の良い名前の神社です」と紹介しています。
 勤務先は公益法人ですが、今は健康診断業界も競争が厳しく、こういう絵馬を飾る気持ちがよく判ります。
 余談ですが、日本最大のオシドリの越冬地は愛媛県大洲市の鹿野川湖の3000羽のようです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について