別館


写真絵日記


2006年 7月 4日(火):川面を見る

豊平川緑地  仕事が少し早く終わって、東区の豊平川緑地へ行きました。苗穂の方で、パークゴルフ場のところです。豊平川緑地(<札幌市公園検索システム)と一口に言っても、市内を縦断する全長72.5kmの豊平川の両岸に広がる豊平川緑地には、種々の施設があり、駐車場も13ヶ所あるそうです。
 暑い日だったので子供たちが水に入っていました。聞くと水がまだ冷たいと言っていました。釣り人もいます。正面の山は藻岩山です。

ハクセキレイ  オオヨシキリやヒバリなどの野鳥の鳴き声が盛んに聞こえます。
 マガモやカモメ(海を知らない札幌産まれのオオセグロカモメです)やキジバトなどが飛んだり泳いだりしていました。
 ハクセキレイもたくさんいて、これは川面を見ているような感じですが、忙しく両岸を行き来していました。

2006年 7月 3日(月):シマリスの尻尾

新しい表紙  6月30日の絵日記で、会社のホームページ の表紙の紹介をしました(原図は6月16日の絵日記にあります)。
 「シマリスの尻尾の部分が削られたのが、写真提供者としては残念です。」と書いたら、今日担当のY山センター長が「戻しました」と言って来ました。製作会社に連絡してくれたのですね。
 どうと言う話でもありませんが、30日の写真はもうないので、再紹介します。50%に縮小してあります。

2006年 7月 2日(日):噴火湾パノラマパーク

パノラマパーク  6月24日に八雲のハーベスターの横に北海道立噴火湾パノラマパークがオープンしました。
 今日札幌に車で来る途中立ち寄りました。生憎の天候で、パノラマと言うほどではなく、羊蹄山も見えませんでした。ハーベスターの出店があってそこで昼食を取りました。
 詳しいことは パノラマパークHP で。

羊蹄山  羊蹄山は雲こそ殆どかかっていませんでしたが、曇り空でコントラストがなく、影絵のような感じでした。これは蘭越町から撮りました。蘭越米は高級品で、このあたりは田んぼが多いです。
 七飯町の昆布館のフラワーパーク、長万部町国縫のヒオウギアヤメ、歌才湿原のエゾカンゾウ、ニセコ町のルピナスの写真を、後程 HTBの北海道花情報 に投稿します。

2006年 7月 1日(土):オオヨシキリ

オオヨシキリ  お昼ちょっと前に函館に着きました。
 昼食後、近所の公園に行きました。時間も悪いし風も強くて、エゾリスは会えませんでした。
 それで、湯の川温泉の松倉川河口付近へ水鳥を見に行きました。期待のカルガモの親子は見れず、多分オオヨシキリと思う写真が撮れました。鳴いていないと真面目そうに見えます。

水上スキー  啄木小公園に行きました。ハマナスと「潮かをる 北の浜辺の砂山の かの浜薔薇よ 今年も咲けるや」の短歌が刻まれた啄木座像を絡めた写真を HTBの北海道花情報 に投稿する予定です。
 そこから湯の川温泉街の方を見ると水上スキーをしている人がいました。それを引いているのはパラシュートです。風が強いので結構なスピードが出ていて、自由自在に方向を換えていました。これは何と言うものか判りません。

2006年 6月30日(金):本別駅にて

トップページ(フレーム無し)  会社のホームページの表紙の予告を6月16日にしましたが、昨夜既に更新されていることに気付きました。下の方までキャプチャーするためフレームは外して、50%に縮小しました。  シマリスの尻尾の部分が削られたのが、写真提供者としては残念です。下の方の2つのボタンからメタボリック絡みの新しいページへ飛べます。興味のあるかたは是非ご覧下さい。

ふるさと銀河線本別駅  今日は本別町で仕事でした。
 昼休みに最近廃線になったばかりの、ふるさと銀河線の本別駅に行って見ました。
 郵便局や売店やコミュニティ施設として利用されています。
 立派な建物なので、有効利用しないと勿体無いです。

本別駅の跨線橋  ホームは喫煙所になっていました。もう線路も錆びています。
 向いのホームのベンチで男性が一人座っています。
 何か絵になりそうな光景でしたが、銀河線はもう来ません。青空がまぶしい一日でした。
 帯広のホテルのLANコーナーで絵日記書いています。この後、札幌に戻ります。

2006年 6月29日(木):一瞬の画像

美幌のメスジカ  昨日午後に会社の総務部から携帯メールで、TBSテレビの「クイズ日本語王」担当のIさんから、私のHPの写真を借りたいので、電話して欲しいとの伝言を頼まれた、と連絡がありました。
 電話してみますと、鹿の写真で明日夜使いたいとのことでした。使用許可を出して詳細のメールを頼んで了承されましたが、現時点では届いていません。忙しい業界なのですね。銭金 の時と大違い。
 「鹿を指して馬と為す」という史記からのことわざのクイズでこの画像が使われました。テレビ画面の写真を撮ろうとしたのですが、すぐ文字のボックスが重なったので、撮りませんでした。エゾシカ編の「夏毛 in 牧場」のページの写真です。今ならもっとうまく加工出来ます。

再挑戦  一昨日の絵日記で同じムシトリナデシコの画像を使いました。早朝の曇り空の写真でした。
 今回のも早朝ですが、晴れていて、その日陰の部分で撮りました。日向のものは花が終わりかけていたからです。明るかった分、今回の方が出来が良いと思います。
 今年は誰も出していないので、この写真を HTBの北海道花情報 に投稿しようか迷っています。この写真は私の作風ではないからです。

2006年 6月28日(水):手ぶれ防止機能

「ぶたはげ」外見  帯広は2004年の12月21日以来です。その時は帯広駅で特急を降りて、レンタカーで何ヶ所か挨拶回りをして、そのまま車で釧路へ行って、そちらに泊りました。帯広でゆっくり?するのはもう2年以上経験していません。
 JR帯広駅西通り北口のESTA飲食街入り口に、こんな赤が目立つ店があります。豚丼専門店の「ぶたはげ」 です。昔は「はげ天」という名前で、お店の色も普通で、十勝かき揚げ丼が私の好みでした。

豚丼と値段表  写真を撮って良いかと尋ねてから撮ります。「うまく撮れましたか?」と聞いてくれたので、「手ぶれ防止機能がありますから」と要らぬことを言ってしまいました。小さい字が鮮明でないのは画像に圧縮をかけたからです。私が食べたのは肉2枚のハーフ豚丼ですよ。
 昔の話をしたら、十勝かき揚げ丼は本店(帯広はげ天)にはあること、この名前の専門店にしたのは3年位前位からで、本州の物産展に豚丼を出す時に銀座ハゲ天と同じ名前で困ったから、と教えてくれました。
 帯広の豚丼はPという有名な店が始めました。Pは美味しいとは思いますが、混んでいて、値段も少々高いので、この数年は行っていません。帯広では豚丼は札幌のラーメンと同じように多くの食堂のメニューになっています。

2006年 6月27日(火):ムシトリナデシコ

ムシトリナデシコ  ホテルの駐車場の横の空地に、写真のような花が咲いています。
 ピンクに見えるのはムシトリナデシコ(ヨーロッパから観賞用に江戸時代に入ったそう)で、全国的に何処にでも見られます。ちょっと毒々しい色合いなのですが、午前7時前に撮って、かつ曇り空だったので寝ぼけたような写真になりました。昨日仕事が終わって帰ったのは18時半で、そのとき撮ったものは削除しました。明るい昼間なら、花情報にも投稿できる鮮やかな写真が撮れると思うのですが、昼は仕事中です。黄色い花は多分オニタビラコだと思うのですが自信がありません。

広い十勝を移動します  今日は午前中は全道的な会社の音更支店と大樹支店の健診でした。音更町は帯広市の北隣で、そこの神社はエゾリスで有名です。大樹町は十勝地方南部にあり、その先は広尾町でもう襟裳岬に近いです。十勝地方というのはとても広くて、この南部内の移動だけでも一時間半近くかかります。
 写真は国道の混雑を避けて、道道を走っているときに撮りました。前のバンはスタッフが乗っています。畑と防風林が続きます。天気がよければ日高山脈が見えるのですが。
 昼に1時間かけて帯広に引き返し、午後は市内で仕事でした。

2006年 6月26日(月):昼だけの青空

帯広の青空  夏日の予報でしたが朝は曇っていて涼しかったです。午前中の芽室町での仕事を追えて帯広に移動し、昼食を取りました。そのときがこの青空でした。よく十勝晴れと言いますが、方向によっては雲もありました。
 北海道新聞の記事を見た家内から携帯メールがあって、24日の絵日記で取り上げたクマゲラのヒナは25日の朝、落ちて保護されたそうです。これは半ば予想していましたがショックです(別の大き目の写真を画像掲示板に置きました)。
 記事は北海道新聞社のサイトで確認しましたが、日にちが経って削除されました(7月14日確認)。3羽は21日に巣立ちましたが、24日から親鳥の姿が見えなくなり、残された1羽は餌が食べられなくなりました。25日午前9時ごろ、自力で飛ぼうとして草むらに落下。衰弱していたため、見守っていた市民団体「クマゲラ保護有志」?が円山動物園に届けたそうです。
 午後から曇り空になり、夕食に出たときは霧雨模様です。明日は雨のようです。

2006年 6月25日(日):スーパーとかちで

スーパーとかち  久しぶりの帯広出張です。1年半前の冬に挨拶回りに来ましたが、仕事では2年以上来ていません。昨年夏に家内と根室旅行をしたときも帯広は車窓から見ただけです。
 JR札幌駅構内の帯広行きスーパーとかち7号です。振り子特急で、スーパー大空と同じ車体ですが、今一知名度が低いのは、一日2往復しかなく、2時間半もかからないからでしょうか。振り子でない特急「とかち」は4往復あって、3時間近くかかります。振り子特急については本館の旅のページの「スーパー特急の話」をご覧下さい。

夕張メロンのハウス  新夕張駅を過ぎたあたりの光景です。今日は晴天で、20℃を超えました。
 夕張市は夕張メロンや映画祭、スキー場などで有名でしたが、最近破産して話題になりました。何年も前に石炭の歴史村や日帰り温泉のゆうばりユーパロの湯に来たことがありました。昔は仕事でも何回か泊りました。
 写真はメロンのビニールハウスです。走行中(500分の1秒の設定にしたのですが)で、窓にひび割れ防止のコーティングがしてあり、光線の向きが悪くて、綺麗に撮れませんでした(言い訳ばかり)。
 帯広に5泊して金曜に札幌に戻ります。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について