別館


写真絵日記


2006年 7月25日(火):風があるけど

 午前中は三笠市と美唄市で仕事でした。風が強いけど青空です。ワンパターンの写真ですが、お許しを。

青空

 昼過ぎに、三笠市の巨大スーパーの駐車場から撮りました。画面下の中央右側は三笠の道の駅です。
 雲もあったので時々曇りましたが、気温も上がって札幌で25℃を越したそうです。

2006年 7月24日(月):LANがあった

LAN接続  最近は経費節減のため、岩見沢、小樽、苫小牧などの健診は原則日帰りになっています。
 明日は三笠市で健診がスタートするため、久しぶりに岩見沢のホテルへ入りました。夕方まで札幌で別の仕事があったので、特急で来ましたが、岩見沢までは30分かかりません。駅からホテルへ歩いて15分かかりました。
 ホテルのホームページでチェックしても判らなかったのですが、前に無かった(絵日記によると今年3月9日に宿泊しています)LANのシステムがありました。念のためLANカードとケーブルを持って来たので良かったです。部屋には何も書いてないのですが、無料とのことでした。

2006年 7月23日(日):久しぶりだね

久しぶりだね  天気はパッとしませんが9時頃には公園に行きました。エゾリスは2匹会いました。
 どちらも餌を貰って行きます。
 これは2匹目のリスで乳首が目立ちます。お腹は垂れているような、膨らんでいるような・・・。
 「久しぶりだね」と挨拶をしてくれているみたいです。

立っている  クルミの手持ちが少ないので、少々の剥きグルミとたくさんのヒマワリの種をあげました。
 面倒がらずにパリパリ食べて、殻を飛ばします。殻が手にくっつくようですね。立ち姿で、やさしい顔をしています。
 別の 壁紙サイズの写真(←クリック)を画像掲示板に置きました。

横断幕  一昨日NHKの朝の全国ニュースでも中継されたという、森町の波多野エクスバレーガーデンにダリアを見に行きました。
 写真のような「北海道国際ダリア園」が出来ていて、ここは入場料400円でした。
 昔は花を摘ませるラベンダー畑が大きかったのですが、その一部をダリア園にしたようです。

赤いダリア  予約して後で株を買えるそうです。
 ダリアの数も種類も、百合が原公園より多いと思いました。ただ売り物なので、支柱にしっかり固定されていて、その支柱がとても目立ちます。天気がよければ駒ケ岳も背景に出来るのですが、今日は雲の中でした。
 違う写真を2枚、HTBの北海道花情報 に投稿しました。

2006年 7月22日(土):収穫はまだ

カリンズ  玄関先のカリンズは ミニ薀蓄 で詳しく解説しています。大分赤くなって来ましたが、収穫はまだ先になります。
 肩ぐらいの高さですがたくさん実がなって、3回くらいに分けて収穫し、ジャムにします。家内の友達も採りに来るほでですが、何せ種が大きく実が少ないです。それが普及を妨げたのでは・・・

オオウバユリ  天気が好くなりそうもありません。霧雨が続いていますが駄目元と思って、昼頃公園に行きました。
 やはりエゾリスは見ませんでしたが、鳥がとてもたくさんいました。今年はカワラヒワをよく見ます。
 イワツバメやシジュウカラ、ゴジュウカラなども忙しく飛び回っていました。
 杉林の外れにオオウバユリが咲いていました。下の段の花はもう終わってしおれたものもありました。オオウバユリは本州中部以北に分布するユリ科では最大の花で、人の背丈くらいになります。大群落を作ることがありますが、ここは公園の中で、一本だけ咲いていました。
 先日円山公園でもたくさん見たのですが、まだ蕾だけでした。今年初めて咲いているのを見ました。

カルガモの親子  家の近くを鮫川と言う川が流れていて、ここでよくカルガモの写真を撮りました。最近は前より少なくなったようと家内と話しています。
 時間もあったので川渕の散策路を歩いてみました。親子連れもいましたが、写真のように子供は大分大きく成長していて、数は2羽だけでした。
 いつもの年よりカルガモは少ないです。

2006年 7月21日(金):特定外来生物

オオキンケイギク  2年前に会社の近所の自動車学校の隅に咲いているオオキンケイギクを撮って、その年の北海道花情報に投稿しました。その時は綺麗な帰化植物という印象だけでした。
 今年になって、オオキンケイギクは「特定外来生物」に指定されました。身近な野草ではオオハンゴンソウもそうです。動物ではアライグマが代表ですね。簡単にどうこう出来そうにもないと思いますが。

今年もクールビズ  昨年に引き続き、今年もクールビズをしています。ウォームビズもしましたが、北海道と本州では影響が違うと思います。会社のホームページ でも表紙に「私はチーム−6%です」のロゴが入っています。
 私の部屋の壁にも先月末からこんなポスターが貼られています。外気温が今は28℃もないので、窓を開ければ涼しいです。
 今日は最終の特急で函館へ帰ったので、遅い絵日記になりました。

2006年 7月20日(木):世界の百合広場

赤色はグラン パラディソ  午後休みが取れたので、JR学園都市線で 百合が原公園 に行きました。市の中心部からはとても遠いですが、その分公園の面積が広いです。
 百合は公園の名前になっているほどで、世界の百合広場という広い花壇を中心に、本当にたくさんのユリがあります。
 今が見頃の始めという感じで、この赤いユリは「グラン パラディソ」という名前です。蕾がたくさんありますね。
 遠くに見えるサイロのようなものは「サイロ展望台」で、この公園の名物です。

 天気はこの時は青空ですが、だんだん曇りになって、帰りのバス(帰りはバスと地下鉄で帰りました)ではにわか雨もありました。

黄色はモナです  世界の百合広場は円形の花壇です。色々な色のユリが植えられています。
 黄色や白が目立ったような気がします。
 周りにはラベンダーが植えられて通路のようになっています。これだけ細かいものを、400×300ピクセルで35キロバイト未満の画像では無理があります。

バラ花壇のラベンダー  芝生広場を横切って行くと、ベンチなどを備えたバラ花壇があります。
 今バラよりも縁取りに植えたラベンダーが、ちょっと盛りを過ぎた感じで目立っています。
 百合が原公園のラベンダーのことは、花を訪ねての「札幌市内のラベンダー畑」に取り上げました。その写真の方が良い色でした。

リリートレイン  本当に広いのでリリートレインと言う展望列車で見て回れます。線路には踏み切りもあって、本格的です。
 前に相互リンクのSさんから、動力は何か聞かれました。架線は無くて、小さい煙突があるので、ディーゼルエンジンと判りました。この駅に、札幌グランドホテル運営する食堂があります。
 余り遅くならないうちに、何枚か写真を選んで HTBの北海道花情報 に投稿します。

2006年 7月18日(火):テレビメルマガ

テレビメルマガ印刷見本  札幌のテレビ局HTBのホームページ上の 北海道花情報 にもう5年参加しています。花通信員という名称の限定された人にしか書き込めない掲示板のようなものです。
 絵日記には書きませんでしたが、一昨日の八紘学園花菖蒲園でも違う写真を2枚投稿しています。花の写真が撮れたら投稿しますので、もう一つホームページを持っている感じがしています。
 札幌でも地上デジタル放送がはじまり、「ユメミル、デジ6 HTB」では、データ放送部分を使ってテレビメルマガを提供していて、先週から花情報の記事が紹介されているそうです。
 写真はそれを印刷したもので、今日連絡がありました。印刷物を撮影してウエブ上に置いたもので鮮明ではありませんが、一番下の写真が私が投稿した白糠町コイトイのエゾスカシユリの記事です。

2006年 7月17日(月):222222、残念

222224  夕食前に本館のカウンターが2のぞろ目に近付いていました。ぞろ目が好きなので、食後開いたら、写真のように2オーバーでした。カウンターログを見ると222222番は静岡県からの来訪者です。
 111111は自分で踏んで 2004年12月24日の絵日記 に書きました。
 123456は 2005年3月11日の絵日記 に取り上げました。
 この次は333333ですね。そこまで続けば良いのですが・・・

2006年 7月16日(日):再訪八紘学園

ポプラ並木  昼少し前に、豊平区の八紘学園花菖蒲園に行きました。
 2002年に行って、本館の花を訪ねてにまとめてあります。その時は曇り空でしたが、今日は晴れで、段々曇って来て、帰り道で雨に会いました。
 地下鉄駅からでは10分歩き、途中こんなポプラとシラカバの並木道を通ります。

花菖蒲園  花菖蒲園は開花時期だけ開放(入場料300円)されています。
 現在は2ヘクタールの面積に約450品種10万株を栽培していて日本でも有数の花菖蒲園として知られるようになりました。
 前に行った時より花の列(畝)の間隔が広くなったように思いましたが、気のせいかも。7分咲きだそうです。

ラベンダー畑  そんなに広くはありませんが、いくつかベンダー畑もあります。こちらはまだ少し早いです。
 樹木の向こうの白いものは月寒グリーンドームです。
 ヘメロカリスなどの花壇もあり、花や飲み物、月寒アンパンなどの売店もあります。公共交通機関では中央バスで月寒グリーンドームで降りると徒歩3分だそうです。

2006年 7月15日(土):個体識別

短尾ちゃん  久しぶりにゆっくり朝寝をして、お昼過ぎに円山公園に行きました。
 下のスポットへ行きました。一匹目はすぐ出て来ました。近くにカラスがいても平気です。
 尻尾が半分しかないリスで、とても人馴れしています。たくさん写真がありますので「短尾ちゃん」とでも名付けてページにまとめたいです。

2匹目は空腹君  少し遅れて出て来たのは、仮に空腹君とでも名付けられそうに、食べ続けていました。
 尻尾は細めで長い(全部ある)です。近くに来た短尾ちゃんを遠くまで追いかけていましたので、オスかなと思いました。
 「帯広のくるみ」で頬袋を満杯にしていました。
 食べ終わるとさっさといなくなりました。

乱髪君  通りすがりの人が喜んで見ます。携帯電話内蔵カメラで撮る人が多いですが、小さくて離れているので難しいでしょうね。
 3匹目は帰りかけに、隣の給餌場にいました。
 後頭部が乱れていて、皮膚病でもありそうです。拡大すると耳にも何かダニのようなものが見えます。足で体を掻いていました。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について