別館


写真絵日記


2005年 3月 9日(水):青空だけど強風

発電所  朝、雪の舞う札幌を出発して、今日は苫小牧で仕事をしました。
 午前中は市内でS生命の成人病などの健診を、午後は写真の火力発電所でフォローアップ健診(軽い異常のあった人の再検診)をしました。
 今日は全道的に荒れた天候で、ラジオで中山峠の吹雪の模様(雪で視界が悪く駐車場から動けない)の中継があったり、札幌は雪で、道央道も岩見沢から北が吹雪で通行止めと言っていました。苫小牧は青空もありましたが、写真でお判りのように風が強かったです。
 夕方室蘭に移動するさい、高速道路は強風のため80キロ規制で、室蘭は吹雪です。明日昼に札幌に戻ります。

 今日、本館の「エゾリスのページ」が「キッズgoo」の「リス」に掲載されました。
kids.gooキッズgoo(エゾリスのページ)
いきものと科学>動物>小さな動物>リス

2005年 3月 8日(火):お引越し

部屋からの眺め  4月から施行される個人情報保護法の絡みで、勤め先では大々的に建物の区画換えと部門ごとの席の引越しをしています。外部の人が入れない区画を作らねばなりません。
 私の部屋は昨日引っ越しました。前は建物の4階の中央だったので、隣の建物に視界を阻まれていることを以前書きました。今度は同じ階ですが一番端なので、外が見えます。
 中央の塔のようなものはアサヒビール園で、時々生ラムジンギスカンを食べに行きます。右に見える尖った山は確か恵庭岳と覚えましたが・・・。最近窓からの眺めが多いです。

2005年 3月 7日(月):一日だけの春

札幌市内の高速道路  今日は予想最高気温が+9℃でした。風も弱いです。
 朝、札幌市内の高速道路を通って仕事に出ました。久しぶりの健診バスの窓越しの写真です。
 山は手稲山で、今日は一日中青空でした。
 道路わき(左側)の壁には、除雪で残された雪が張り付いています。明日は再び真冬日とのことで、一日だけの春でした。

2005年 3月 6日(日):小屋には2匹が

一匹目への給餌  普段は公園の管理人さんが朝、貯蔵してある半分に割ったクルミを小屋の外にまいているそうですが、今日は日曜で餌が当らなかったようです。小屋の主が私の手からクルミを取りました。
 空腹には勝てないと、かなり慎重に手渡しのクルミを受けました。
 このリスと遊んでいると、もう一匹が猛烈に壁を伝わって走って来ました。

2匹目への給餌  そうしたら、前のリスは小屋へ消えてしまいました。なかなか2匹同時には餌は貰わないのですね。
 こちらのリスの方が手渡しに慣れていて、平気で貰いに来ます。
 家内は立たせて餌をやります。リスもスムースにリクエストに応えていました。お腹が好いているようでいくつも食べました。
 私が110枚、家内が50枚撮ったので、いつか「小屋の主たち」まとめたいです。

ご注意:野生動物への給餌に関しては、してはいけないと言う意見の持ち主がたくさんおられます。私は「ただ仲良くしたいだけ」と言い逃れをしていますが、モラル面で問題があることは確かです。相手は選んでいるつもりですが・・・
 手渡し給餌では、動物と人の間で病気が感染する危険があります。
 アメリカでは野生動物に狂犬病などがあることから、触れることが禁止されているそうです。


2005年 3月 5日(土):耳が曲がる〜

いつものエゾリス  午前中は晴れていましたので函館の近所の公園に行きました。
 エゾリスは3匹見ましたが、撮れたのは「小屋の主」だけです。公園の管理人さんから貰ったオニグルミを狭いひさし(庇)で食べていました。長い耳毛がぶつかって、曲がっています。

 YAHOO! JAPANでの「峠を越えて」の紹介文が今日から変わりました。「エゾリス、野鳥等、」で始まります。現状を反映?するよう直して貰いました。(YAHOO!JAPANの野生動物

ゴジュウカラ  函館としては積雪が多くて、天気も好いせいか野鳥がたくさん出て来ました。
 餌をねだるようにカラ類が間近へよって来ます。エゾリス用のクルミしか持っていなかったので、家内が割ったクルミを置きました。シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、カケスなどが持って行きました。
 写真は東屋のテーブルでクルミを見るゴジュウカラです。困っているような感じがしますが、逆立ちが平気な強固な足を見てください。

2005年 3月 4日(金):野幌遠望

 夕方の特急で函館へ帰るために、少し早く帰宅しました。8階なので廊下の窓から遠くが見えます。
100年記念塔
 380ミリいっぱいで撮り、近い側はトリミングで外しています。
 遠くの尖った塔が野幌の北海道100年記念塔です。札幌へ出た来た頃、何年もかけて修理中で登れなくて、その影響で登ったことがありません。その周囲の森林は野幌森林公園ですね。
 更に後にかすかに雪山が見えますが、どこなんでしょう。もっと綺麗に撮れたときに調べてみます。

2005年 3月 3日(木):サテライト

ビル  私の勤務先は白石区役所の向かいですが、札幌市の中央区にもドックがメインの健診施設を持っています。旭川にも出張所がありますが、こういうのをサテライト(衛星)と言うのだと近年知り、しゃれた言い方だと感心しました。
 今日は午前中その中央区のサテライトに人と会いに行きました。待っている間に窓から外を見ると青空にM井デパートの旗(見えますか?)がひるがえっていました。
 昨日も書きましたが、春の日差し(陽射し)ですね。
 手前の建物の屋根の上の白いものは、残念ながら雪です。

2005年 3月 2日(水):好い天気なのに

TCL  昼に出発して苫小牧へ行きました。目的は仕事で取引のあるさる臨床検査センターの見学でした。この業界では大手で、苫小牧だけで300人働いているそうです。
 写真はアレルギー関係の検査をしているところで、今は本州からの花粉症の検査が多いとのことでした。
 今日は好天で、高速道路を走行中に「春の陽射しですね」なんて話していました。
 15時頃帰途につきましたが、青空に樽前山もくっきり見えました。公用車での苫小牧行きだったので、わがままも言えずに手乗り野鳥を見に行けなかったのは残念です。

2005年 2月27日(日):ビルの谷間のJR駅

新札幌駅  今日はバスで新札幌に買い物に行きました。ここではたいていの用が足せます。
 JR新札幌駅、地下鉄東西線新札幌駅、バスターミナルが揃っていて交通の便がよく、ショッピングビルもたくさんあります。
 写真は上から見たJR新札幌駅で、線路2本のホームも2つしかない、ビルの谷間の駅ですが、ここは千歳室蘭函館方面と帯広釧路方面への特急がすべて停まります(本州行きの寝台特急は停まりません)。滝川や旭川行きの列車はこの駅を通らない(線路が別で近くの厚別駅を通ります)ので乗り換えは要注意です。

2005年 2月26日(土):久しぶりの円山公園

そり遊びの子供たち  久しぶりに円山公園・北海道神宮へ行きました。1月に引っ越す前の札幌の住居は地下鉄の駅に近くて、円山行きが便利でしたが、今度は地下鉄の駅に出るのに大通までバスを使わねばなりません。
 今年は雪が多くて、子供たちの集団が北海道神宮の坂道でそり遊びをしていました。右は雪はね機です。

アトリ  給餌台は積雪面より低くなって、穴の中にあるような感じです。
 アトリが目立ちました。シジュウカラ、ヤマガラ、ハジブトガラ、ヒガラそしてスズメが来ていました。
 アカゲラも見て遠い後姿を撮れましたが、昼間だったのでエゾリスは全く気配がありませんでした。
 写真は給餌台から出て、雪面に降りたアトリです。

雪はね機  帰り通ったときは2台の雪はね機が活動していました。雪はね機(俗称?)はただ雪を遠くへ飛ばすだけの機械で、通路を確保するにはこれで十分ですが、周りに雪がたまります。
 街中などでは除雪した雪はトラックで雪捨て場へ運ばれます(排雪)。この除雪排雪は北海道の基幹産業なのです。

もどる 次へ

本館に戻る 掲示板[通常入門画像 別館トップ 写真絵日記
ミニ探訪 ミニ薀蓄 壁紙プレゼント 別館について